新着記事

例えば、立派な本社・本部はプラスになっているのでしょうか? 立派な本社・本部にすると優秀な人材が集まる。立地の良いところに移転すると宣伝効果も上がり、業績も上がる。というのは本当でしょうか? 業種・業界によっても異なると思いますが、中小企業では固定費の...

まず社内面談・面接を行う目的を明確にすることが大切だと思います。受ける方は、少々甘い期待が膨らみます。自分の希望を言えば、ひょっとすると叶えてくれるのではと・・・・ これが全社員に伝染するとたいへんなことになります。希望要望を聞くための面談・面接になって...

再生局面で一番難しい問題があります。それは従業員の方の給与を上げることができないということです。元々赤字体質だった会社を再生しても赤字から脱出できるだけであり、十分な余裕が出来る訳ではないからです。 事業自体が赤字から脱出するまで、昇給はストップされてい...

このことを会社や社長が言えるかどうか? 景気も悪く、昇給昇格も約束ができない。決算数値を見てからでないと何とも言えないというところが多いと思います。 ところが社員の一番の夢は、自分の給料がいつ上がるのか、どうなれば上がるのかということです。それが見えて...

経営者の方はやってみたいことがたくさんさあるようです。ところが時期を間違えると成果・結果が出ないことがあります。特に奥様の役割は重要です。 ただし、焦って何か手伝いたいと思って逆効果になる場合もありますので注意された方が良いと思います。 社長や会社から...

完璧な経営計画書を作っても業績が上がるかどうかはわかりません。数値の羅列だけでは意味がないです。綺麗に仕上がった経営計画書や事業改善計画書からは未来が見えてきません。 素晴らしいものを作ったのに1年で挫折。何度作っても思い通りに行かないと悩まれている方も多...

ちょっと気になる心配な話です。 決算書はどこまで公開されていますか?誰まで知っていますか? 中小企業では社長や親族の方しか知らない。あるいは幹部までしか知らないというところが多いです。従業員の方は、売上数値しか知らされていないといった感じです。 このよ...

何とか年商1億円にしたい、持って行きたい。そうすることで社会的認知度も上がり、市場シェアも上がる。事業の第一目標がここにあります。それに、昔は何とか1憶円を達成させようと必死に頑張ってこられたと思います。 特に専門店の場合、1店舗1憶円は身近で大きな夢です。...

よく店を見て下さい、診断して下さいという依頼が来ます。ところがいくら店舗診断表で細かく診断しても店は変わりません。診断が大事なのではなく、すぐに改善する力がないから苦戦されているのだと思います。 経営コンサルタントやマネージャーの仕事をよく理解されている...

クライアント先へ訪問させていただいた際にまず先に確認することは、社長室の位置と社長がいつも座っておられる席です。それを見れば、社長と従業員の距離がわかります。 中小企業では社員が一体化していることが大切です。特に社長と社員の一体 化が大事です。実は業績が...

人気記事ランキング

  1. 2009年07月13日 プロフィール(11721)