新着記事

加藤締三著「自信」という本の一節に次のようなことが書いてあります。 「小さい頃の自分への過大な期待に対する自分の挫折を心底認めることが、自分を尊敬する方法なのである」 私も長男のためか、両親に多大な期待を掛けてもらった様だ。 幼い頃より、バイオリンや英会話教室...

人は、ある程度の年齢になると死を恐れる人とあまり死を恐れない人がいるようです。 死を恐れる人の特徴は、自分の老化に対してもあまり認めたがらない、自己中心的でわがままな傾向が強いように思います。 死を受け入れられる人は、苦労をしながらも人生を一生懸命生き抜いて...

誰でも「またやってしまった」という後悔の念を抱く過ちの繰り返しを行うことがあると思います。 「怒り出すと止まらず、徹底的に相手を責めてしまう」 「ありがとうございます」と言えばいいのに、なぜか「すみません」と言ってします。 「自分が間違っていると分かっていなが...

私は、趣味で瞑想を十数年は、はぼ毎日行っています。 最初に始めたのは、ちょうど今から40年前の14歳の時でした。 動機は、ストレスに弱い自分を救済するためであったと思います。 瞑想を始める動機は、いくつかあると思いますが、その本来の目的は、何なのでしょうか? ...

古代インドでは、人は、色受想行識からなると考えました。 「色」とは、肉体。 「受」とは、感覚。 「想」とは、表象。感覚器官が捉えた感覚を頭の中で像にすること。 「行」とは、無意識。 「識」とは、意識。 のことであると思います。 仏教では、これら色受想行識、...

人の心には、意識と無意識があると言われます。 自動動機理論によると、「無意識は、意識の関与無く、それとなく周囲に関心をはらい、無意識内に適切に目標を設定し、自動的にその目標達成に必要な行動調整を行う」とされています。人の行動の多くは、無意識による行動という...

・無意識内には、生産的思考(肯定的思考)が存在する。 ・生産的思考とは、「人がよりよく生きるために何をすればよいか」を思考し、判断すること。 ・生産的思考とは、概ね人が自律的、自発的に生きるように思考する。 ・生産的思考とは、心の自然治癒力(生きる力)の一...

ほめられると、ほめられた行動を止めてしまう人がいます。 その原因は、2つの心理が考えられます。 1つは、反発心。 他人にコントロールされたくないという反発心から無意識的にほめられた行動を止めてしまう場合です。 こういう人は、優秀であってもなかなか上司に認...

個性は、どのように作られるのでしょうか? 3つの説があると思います。 説1.習慣化説 人は、思考や行動を習慣化し、同じような状況で同じ言動や思考、選択を行う傾向があります。その積み重ねが個性を作るというものです。 説2.自己規定説 人の無意識は、自分自...

認知バイアスとは、 イエスかノーで決めたがったり、 自分の都合の良い情報ばかり信用したり、 常識ばかりに囚われたりすること などを言います。 このような傾向がある時は、 1.ストレスのかかりすぎで精神的に余裕がないとき 2.自己防衛意識が強すぎるとき 3...

人気記事ランキング

  1. 2010年01月18日 自分探し(20687)
  2. 2009年12月17日 瞑想のコツ(3900)
  3. 2009年09月20日 プロフィール(3553)
  4. 2010年04月12日 反動形成(3175)
  5. 2011年05月17日 成功回避行動(2920)
  6. 2011年03月15日 コルチゾール(2771)