【General】カテゴリー記事一覧

新着記事

「閑散は繁忙の母」 ≪来客数の少ない時間帯や曜日の販売方法や作業のあり方が、 満室が続く時間帯を作る≫の意です。 ラブホテルの来客頻度は、極々一部の店舗をのぞいて 閑散と繁忙の繰り返しです。 切れ目無く繁忙状態が継続する事は希です。 もちろん経営者としては...

「金より人」 ≪お金が人を連れてくる事は無く、人がお金を持ってくるのである≫の意です。 貴方は、お金が人を連れてくることに遭遇した事がありますか? もちろんありませんよね。 いつだって、人がお金を連れてくるのです。 確かに、お客様は≪お金≫の事を考えて行動...

か行のか 「神の声には、仏の顔」 ≪クレームを言ってくださるお客様には、仏様の様な心と顔で対応せよ≫の意です。 自分達が気が付かなかった不備を指摘してくださるお客様は、神様のような存在です。 それなのに、不備を指摘されると「わかったよ。うるさいな」「俺のせ...

突然ですが、皆さんは外国語を知っていますか? 得意でない方も、多少はご存知だと思います。 では、どのような言葉をご存知ですか? おはよう。こんにちは。愛してます。ごめんなさい。 いくらですか?美味しいです。さようなら。いただきます。 色々とありますね。 ...

あ行のお 「押し売りは良品を持たず」 頼んでもいないのに押しかけて来て、うるさく売る人は良い物を持って来ないの意です。 エレベーターの中やロビー周り、客室内にベタベタと販売促進ポスターを 貼っているホテルを見かける事があります。 販売促進ポスターだけで...

「お客の顔も三度まで」 ≪お客様の権利を尊重して、可能な限りご要望に応える不断の努力が必要だ≫の意です。 確かに全てを完璧にする事は難しいのですが・・・・・大丈夫です。 お客様も、1つのミスがあったからといって、そんなに簡単に離れはしません。 なぜなら、...

「売らなければ売れぬ」 ≪清掃の済んだお部屋は、必ず販売しましょう≫の意です。 あんまり儲かって居ないヒマなホテルでは、ありがちな行為なのですが・・・ 清掃は済んだのに、他の単価の高いお部屋を売りたいために、 せっかく清掃の終わったお部屋を販売せずに閉ざ...

「上様の便所」(・・・じゃあるまいし) ≪無駄にやたら広いスペースは、不安感がある≫の意です。 江戸時代の将軍用トイレなら、警備上からも広さが必要かもしれませんが、 恋人同士だけで利用するホテルの客室は、無駄に広くする必要はありません。 まして、衣服を着...

「上から、奥から」 ≪清掃の手順は、先ず上から、次いで奥から≫の意です。 昔は母から娘へと伝えられていた掃除の基本です。 最近は、雑巾も絞れない人が増えているそうで困ったものです。 上側の掃除が出来て居らず、埃が溜まったままでは 清掃後にも、その埃は落ち...

「急がせずに慣らせ」 新人従業員には、作業を急がせる事をせずに、早く作業に慣れる様にしましょう。 ホテルの作業は、細分化すれば誰でも出来る事ばかりです。 しかし、その項目数は非常に多いので、覚えるには時間がかかります。 ですから、習熟にはそれなりの期間が...

人気記事ランキング