新着記事

  マンション管理会社は、マンション管理組合と委  任契約を結んで、マンションの管理業務を行うもの  である。マンション管理士は、マンション管理組合と  委任契約を結んで、マンション管理組合に対して、  助言・指導・援助を行うことを業務とするものである。 ...

  管理会社には、必ず、管理組合を担当する社員  (従業員)がいる。それ自体は当然のことであり、何  ら問題ではない。   担当者1人で10件前後の管理組合を担当してい  るようである。管理組合に対して、管理契約の当事  者の社員として、その契約内容の実現のた...

  今、マンションで一番問題なのは、修繕積立金の  不足問題だと言われている。   新しいマンションであろうが、古いマンションであろ  うが、いずれは大規模な修繕が必要だ。新しいマン  ションでも、立体の機械式駐車場があるところは、  10数年後には、その...

  建設会社がマンションを新築し、建設会社の系列  の会社がそのマンションの管理を行い、修繕工事  も管理会社の主導で系列会社が行うという例が多  い。そして、マンションの建替えを最初の建設会社  が行うとなれば・・・・・   新築マンションの管理につい...

  古いマンションの場合、マンション管理規約は簡  単なものになっている場合が多い。規約に定めて  いなければ、区分所有法や民法の規定が適用さ  れる。規約にも、区分所有法にも、民法にも規定が  ない事項については、結局は総会で定めるしかな  いのである。 ...

  マンションの役員になると、いろいろな工事や  大規模修繕などで、建設工事会社との付き合い  がある。管理会社に管理を任せきりにするにして  も、工事会社の名前は知るはずだ。   工事会社も大小いろいろある。名前の通った大  きな会社に工事をまかせれば...

  管理組合の役員については多くが順番(輪番)制  となっている。それ自体は住民が公平に負担すると  いうことで、かならずしも不合理なものではない。   ところが、区分所有者(組合員)がマンションに居  住せず、賃借人や子供が住んでいる例が多い。ま  た...

  昔は結婚して子供が小さいうちはマンションに  住んで、子供が大きくなったら、一軒家に住むと  いうのが、一つのモデルであった。   しかし、最近は、マンションを終の棲家とする人  が増えている。   最近のマンションは間取りも広く、家族が多くても ...

  マンションはちゃんと修繕計画を立てて、定期的  に大規模な修繕が必要だ。   そのためには計画的に修繕積立金の積み立て  が不可欠だ。いざ修繕が必要なときにあわてて修  繕積立金を積み立てようとしても、その意見がすぐ  にまとまることは困難だ。  ...

  多くのマンションにおいて、その管理をマンショ  ン管理会社に委託している。管理組合と管理会  社はマンションの管理について委任契約をしてい  るわけだ。   委任契約については、民法に規定されている。  管理を委託する管理組合を委任者、管理を受託  ...

人気記事ランキング