新着記事

6月18日から貸金業法の改正「総量規制」がスタートする。 年収300万なら100万円までと、年収の1/3までしか借りられなくなる。 日本資金業協会の調査では1300万人が借入しているとのこと。 その内の半数の650万人もの人が年収の1/3以上の借入があると...

自分の信用情報を確認したことがない方が意外に多い。 民間の金融機関は、信用情報機関に登録されている取引事実や内容を元に 貸付けの判断材料にしている。 貸金業法の改正など法律も変わり、自分の信用情報がどのようになっているのか 定期的に確認することを勧める。 ...

2006年に成立し、取り立ての規制強化、罰則強化、貸金業者の参入条件の厳格化など段階的に施行されてきた「貸金業法」。 本年6月に「総量規制」「上限金利引下げ」で貸金業法の改正が完全施行される。 法律では完全施行前の見直し規定があり、完全施行時期の延期や規制...

弊社の「金融コンサルティング」では、個人のお客様、法人経営者を問わず、法的整理を出来るだけ避ける解決策を探し提案いたします。 ワイズには様々な借金・債務問題・資金繰りを解決するノウハウがあります。 ◆よくある質問 Q. 金融系の保証人依頼を御社にお願いする場合、...

◆ご自身で商売されている方、ニッチビジネスやノウハウのある方!【経営者の方】 ワイズを使ってそのビジネス、ノウハウをお金にしませんか!広めませんか! 業種は問いません。 今現在、商売として成り立っていないとしても、弊社が将来有望だと判断した場合、 無償に...

よくある質問 ワイズの保証コンサルティングとはどのようなものですか? 古くからの慣習で、日本では人生のあらゆる節目に保証人を要求されます。 その時、周囲に保証人を頼むことが出来る方はなにも問題は無いのですが、保証人を用意出来ない方に取っては、深刻な事態...

以前、当ブログ「どうなる!?消費者金融業界」の中で 「最高裁で判決も出ているのにおかしな話なのだが、今も支払い中の人が過払い金の返還を求めると、例えば全情連の場合、信用情報に「契約の見直し」と載り5年間消えない。 支払いが終えている分については載らない。 ...

「優良物件を探し出す方法を確立」「融資を引き出す方法を確立」 「最初の一棟目が、その後に大きく影響」 「優良物件とは、キャッシュフローの良い物件」 「使える業者とは金融事情に強い業者」 「新築、区分をローンで購入は投資の観点に立つとマイナス要素が大きい」 ...

「優良物件を探し出す方法を確立」「融資を引き出す方法を確立」 「最初の一棟目が、その後に大きく影響」 「優良物件とは、キャッシュフローの良い物件」 「使える業者とは金融事情に強い業者」   新築or中古 土地付きor区分についてもう一度考えて見ます。 通常、...

「優良物件を探し出す方法」「融資を引き出す方法」 「最初の一棟目が、その後に大きく影響」 「優良物件とは、キャッシュフローの良い物件」 本当に良い物件情報はなかなか出回りません。 インターネットの急速な普及で、不動産を購入するユーザーの内、約60%の方...

人気記事ランキング

  1. プロフィール
    2006年12月13日 プロフィール(6601)