新着記事

蓄膿症というのは、ウミが溜まったために起こる症状のことで、 何も鼻だけに限ったことではありません。 一般的に言っている鼻の蓄膿症は、正しくは「化膿性副鼻腔炎」といいます。 「化膿性副鼻腔炎」とは、鼻腔の周りにある上顎洞、前頭洞、蝶形骨洞、師(竹冠つき)骨洞...

昨日は全国的に風雨でしたが、一雨毎に春模様ですね。^^ 家の横の敷地、南東角に植えた桃が、陽気で花を開いてきました。 東南の方位には、桃、桐、紫陽花、ナツメ、クコの木などを植えるのは吉。 竹、柳、ソテツは凶とされています。 吉木の花が咲くと、吉祥を感...

今日は、全国的に雨模様ですね。 月曜の仕事始めもあって、雨ではことさら気が重くなったり、陰気が増しやすい 日です。^^; 関節痛やリウマチの方は、しくしくと痛みもあり、不快感が増します。(実感) 本日は予約なく、何もしなかったら、失業者なので、研究なり、...

2013年は癸巳の年ですが、暦を見ると、癸巳の日には「天一天上」と必ず書かれていることに気付きます。 大辞林によると、「天一天上(てんいちてんじょう、てんいつてんじょう)とは、暦注の一で天一神が天に上る癸巳の日、また、その日から16日間。 方角の禁忌のない期...

宿曜とは、弘法大師、空海が翻訳、もたらした宿曜経(「文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経」)を 歴代の密教徒などが研究した秘伝の東洋占星術です。 謂れは今から3000年前、文殊菩薩が著したもので、初めはインドで暦として生まれ、その後、 密教占星術に取...

癸(き、みずのと)は、十干の10番目、最後に位置しますが、陰陽五行説では水性の陰に割り当てられており、 水の兄が壬(みずのえ)で、癸が弟にあたります。 許慎の『説文解字』には、「水四方より流れて地中に入るの形に象(かたちど)る」とし、 「冬時、水土平らかに...

2013年、平成25年は、癸巳年ですね。 黄帝内経(こうていだいけい)の気交変大論を開けると、癸の年は、火運不及(不足)とあります。 五常政大論から、火運が不及の年の記載を探せば、火気が不十分なため、水気が火気を剋し、金気もこれに乗じて火気を侮るため、「...

さて今年も押し迫り、年度末の予定を立てようと暦を見るに、どの月にも「不成就日」が何度も記載されてることに気付く。 そういえば、契約や入居、結婚式の日に、不成就日と書いてあるけど大丈夫ですか?と聞かれたことを思い出しました。 結論から言って、全く気にするこ...

大犯土(おおつち)は、庚午(かのえうま)の日から丙子(ひのえね)の日までの7日間、 小犯土(こつち)は、戌寅(つちのえとら)の日から甲申(きのえさる)の日までの7日間をいいます。 ただし大犯土と小犯土の代わり目の丁丑(ひのとうし)の日は間日(まび)とされ、...

陰陽五行の理を活用し、暦を紐解く現代の陰陽師、而してその一面は、 主夫、シェフ、時により車夫となるシャ行変格活用の日頃ですが。(自爆) 山の神に腕捕られ、スーパー・マツモトに買い物に出かけると、ロトや宝くじ売り場に、 「本日、一粒万倍日!」と書かれているこ...

人気記事ランキング

  1. 2013年07月07日 今日は七夕(26351)
  2. 2007年04月02日 相性について(24167)
  3. 2012年07月23日 三隣亡とは(17771)
  4. 2007年04月15日 厄年とは(17044)
  5. 2013年07月25日 八朔について(16742)