新着記事

※画像はイメージです。 外国人、技能実習後も5年就労可能に 本格拡大にカジ 日経新聞 政府は2019年4月にも外国人労働者向けに新たな在留資格をつくる。最長5年間の技能実習を修了した外国人に、さらに最長で5年間、就労できる資格を与える。試験に合格すれば...

アウトソーシング、「派遣切り」教訓の欧州戦略 証券部 田口翔一朗 日経新聞 電子版  技術者派遣大手のアウトソーシングは5月2日付で、オランダの人材サービス会社オットーホールディング(HD)を買収する。 オットーHDは同国やポーランドで人材派...

広告代理店も業態変更!? 人材ビジネス業界に身を置かれる方は無論、採用に関わる方の多くが、挨拶のようになっている言葉 「採用ができない!」  「採用コストが高騰!」  環境を考えれば当然と言えば当然。 *労働人口減少 *空前の有効求人倍率 *ほ...

働き方法案、6日閣議決定=残業規制、大企業は来春から-70年ぶり抜本改革 時事通信  政府は6日、罰則付きの残業時間の上限規制導入などを柱とした「働き方改革」関連法案を閣議決定する。安倍晋三首相は「70年に及ぶ労働基準法(労基法)の歴史的な大改革」...

単純作業を7割削減、リクルート RPA導入拡大 日経産業新聞 2018年4月6日 リクルートホールディングスはデータ入力などの単純作業を自動化する「ロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)」の導入を拡大している。 自動化する作業の種類を20...

派遣労働者、前年比19%増の156万人 人手不足でニーズ強まる 産経新聞 厚生労働省は30日、平成29年6月1日時点での派遣労働者数が約156万人だったと発表した。前年同時点に比べ19.4%増と大幅に増え、伸び率は過去最大になった。景気回復で企業...

非正規の通勤手当「支給格差」は解消されるか 毎日新聞  多くの会社で定着している通勤手当(通勤費)。正社員と、契約・パート、派遣など非正規社員との間で支給の制度が異なる「格差」が問題になっている。だが、不合理な待遇差を禁じる「同一労働同一賃金」の...

人材派遣料金、事務職は大幅上昇 無期転換のコスト分を転嫁 2018/3/19 日本経済新聞  人材派遣会社が顧客企業から受け取る人材派遣料金は4~6月期は一段と上昇しそうだ。改正労働契約法により4月から勤続年数が5年超の有期雇用社員の希望者を無期雇用に転...

人手不足の介護や小売り、外国人技能実習生を活用 ソラストやツクイ、制度の新法施行受け 日経新聞 昨秋の技能実習制度の新法施行を受け、介護など人手不足業種で海外人材を育成・活用する動きが広がっている。新たに対象に加わった介護では大手のソラストやツ...

事務用ロボ、日本でも普及 単純作業を代替「RPA」、労働時間減に一役 日経新聞   日本企業のオフィスに自動化の波が押し寄せている。起爆剤はパソコンを使う単純作業を自動化するソフトウエア「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」。工場で...

人気記事ランキング

  1. 617.jpg
  2. 617.jpg