以下 関連記事

警備員の不法派遣容疑 警備4社の派遣責任者4人を書類送検
警備員を不法に派遣したとして、警視庁生活安全総務課と生活安全特別捜査隊などは
28日、労働者派遣法違反の疑いで、東京都渋谷区猿楽町の警備会社「日動警備保障」と千代田区飯田橋、同「セントラル綜合サービス」など計4社と各社の派遣責任者計4人を書類送検した。 同法は、警備業務で労働者を派遣することを禁止している。同課は4社が昨年1月までに計106人を別会社に派遣したとみて調べている。
同課によると、日動警備保障の社員の男(62)は「違法なことは知っていたが、
派遣先の会社の都合でズルズルと続けてしまった」と供述。派遣先の会社は「警備業務を新規に受注したとき、採用が間に合わず人手不足だった」と説明しているという。

産経新聞
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おそらく業界では慣習的に、大きな罪の意識もなく行われてきたような記事です。

それが書類送検。

時代の変わり目にはこの様な事は多々起こります。

他の業界でも同様な事は多数ございます。

現実には、慣習で行われているものは、悪意がなく逆に行わなければ

商売にならない・・・との声もよく聞きます。

専門コンサル会社
株式会社ソリューション アンド パートナーズ
  http://www.sap-c.co.jp/