派遣法改正案について、一昨日、首相、厚労大臣の発言が

ありました。

審議会の答申、連立政権の意見の相違、経済状況、失業率・・・・等々

全てを考慮し落とし所を探した苦肉の改正案ではないでしょうか?

すなわち抜け道だらけです。

見解の相違、裁量、風潮により読み方を変えれる内容です。

法律はもともとそうかもしれないのですが・・・。

詳しくは
株式会社ソリューション アンド パートナーズ
  http://www.sap-c.co.jp/