昨今、派遣業界の2009年問題の対応手段として、大手メーカーの方針発表以来 派遣社員の直接雇用が主流となっているような気が致します。

しかし直接雇用すれば全て解決するわけでもありません。

例えば、
①派遣会社の経営上の問題、
②派遣社員が直接雇用を希望しない場合
③派遣社員の有給処理の問題
④派遣会社に社員寮を提供している場合
⑤派遣会社との紹介料の有無
⑥円滑な直接雇用へのスキーム
⑦クーリング期間中の欠員補充対応
⑧クーリング期間終了後の対応 等々
⑨直接雇用の雇用条件や期間
⑩その他諸々

商品や物ではなく人材に関する件です。
派遣会社の実情や派遣社員の感情や希望を理解し
た対応が不可欠です。
対応如何では大きな問題にもなりかねません。

この様なセンシティブな案件はやはり専門家が有効ではないでしょうか?

株式会社ソリューション アンド パートナーズ
OS・派遣専門コンサルティング
http://www.sap-c.co.jp/info@sap-c.co.jp
TEL052-385-2884 FAX052-385-2910