2014年 1月の記事一覧

«Prev1Next»
14年01月29日 11時51分27秒
Posted by: sapconsuting
漸く決まって動き出しますね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

派遣見直し15年から 労使で決着、無期雇用を拡充
人材会社、全て許可制に
2014/1/29 日経新聞

 2015年春から適用する労働者派遣制度の見直し案が固まった。企業が派遣社員を受け入れる期間の上限を事実上なくし、3年ごとの人の交代で同じ業務をずっと派遣社員に任せられるようにする。派遣元と無期契約を結んだ派遣社員は期限なく働けるようにする。制度見直しによって企業は派遣社員を活用しやすくなり、派遣社員の働き方の選択肢も広がる見通しだ。

 29日の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の部会で、厚生労働省や経済・労働界によるとりまとめ作業が決着する見通し。今通常国会に労働者派遣法改正案を提出し、成立を目指す。現在約130万人いる派遣社員の働き方が変わりそうだ。
 いまの制度では、仕事の内容が派遣の期間を左右している。通訳や秘書、取引文書をつくる業務などは「専門26業務」と呼び、派遣社員は特別に期限なく働くことができる。それ以外の業務は最長で3年となっている。
 新制度ではまずこの業務区分けをやめる。区分廃止で、何が26業務にあたるか分かりづらかった問題を解消し、派遣社員に仕事を任せやすくする。そのうえで、派遣元と無期の契約を結んだ人は派遣先で期限なく働けるようにする。有期の契約を結んだ人は、派遣先で最長3年働ける。
 派遣期間の上限は「業務」で判断せず、「人」ごとにする。これまではある業務を任せる場合、3年以内で何人も代わるケースがあったが、今後は個人ごとに最長3年働けるようにする。
 労働組合側は正社員の仕事が派遣社員に置き換わる可能性があるとして、見直し案に反発していた。このため、3年ごとの切り替え時に正社員の職をおびやかさないかなどを労使でチェックする仕組みを取り入れる。
 働き手個人の雇用を安定させたり、待遇を良くしたりするため、派遣元の人材派遣会社に対しては責任を重くした。
 派遣元に労働者の教育訓練を義務付けたほか、3年の期間が終わった労働者に対し、(1)派遣先企業に直接雇用を申し入れる(2)新たな派遣先を提供する(3)最終的な受け皿として自社で無期雇用する――措置を強く求める。
 派遣会社へのチェックも厳しくする。現在届け出制と許可制の2種類がある事業者について、基準が厳しい許可制に15年春から一本化する。許可基準は2000万円の純資産の保有など。届け出で済ませていた事業者の事業所は全国に5万カ所あるが、今後は撤退が相次ぐ可能性が高い。
 派遣制度の規制緩和は、流動性の高い労働市場の形成を重視するアベノミクスの成長戦略にも沿った動きだ。民主党政権時と比べて今回は企業が派遣社員を活用しやすい点に重きが置かれているが、派遣社員にとっても働き方の選択肢拡大につながる。人材活用と雇用の安定を両立できるかが問われる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

専門コンサル会社 ソリューション&パートナーズ


14年01月28日 14時08分24秒
Posted by: sapconsuting
人材ビジネス会社(派遣会社等)・・・増収減益企業続出!

アベノミクス効果により景気回復基調により各社には人材のオーダーが多数!

どこの会社でも、採用苦戦の状況ですね。

採用もさることながら、現在の派遣社員の退職も。

結局、給与等の高騰、採用経費の高騰で増収しても減益!

今ほど、経営の戦略、戦術が必要な時はありません。

ご相談は業界専門会社 株式会社ソリューション&パートナーズへ
14年01月22日 14時04分47秒
Posted by: sapconsuting
現在の派遣会社の現状は、概ねオーダーは沢山あれど採用ができない!

全国平均の有効求人倍数が1倍を超え一般の求人も増加

さらに派遣に対する否定的な報道等々によりマイナスイメージ

未だに法違反の不適切な派遣会社の存在

・・・・採用できない理由はいくらでもありますが・・・

一般企業での採用に関するコスト、社内運営、戦略は相当なものです。

今後も単に求人広告を出せば採用できる! 商売的言い方をすれば仕入れができる・・・

こんな時代は終了です。

営業、採用・・・そして企業の営業戦略も含め根本的に見直す必要は言うまでもありません。

無駄な求人広告費をかけ続けますか?

魅力ある求人でないと応募者は集まりません・・・。

お気軽にお問合せ下さい⇒ 専門コンサル企業 ソリューション&パートナーズ

14年01月17日 12時43分48秒
Posted by: sapconsuting

本日、1月17日開催の 厚労省 需給制度部会にて、派遣法再改正に関する報告書案が

提示されました。

概ね以前までの内容と変更はありませんが、労組等に配慮し、人材を入れ替えれば永久に

派遣活用が可能!といった個所に歯止めはかけれられておりますが、現実は・・・。

また、施行日は平成27年4月1日となりそうですね!

詳細はこちらから http://www.sap-c.co.jp/documents/20140117_000.pdf

専門コンサル会社 ソリューション&パートナーズ
14年01月10日 16時50分09秒
Posted by: sapconsuting
派遣会社から

"案件はあるが人材が・・・"

"人材さえいれば売り上げが上がるのに・・・"

"営業会議で・・・ 私は営業しています。ただ人材がいないだけです・・私は悪くない・・・"


この様な声が多数聞かれます。

この人材さえいれば・・・・・は、

例えば クルマの販売営業で、 50万円の新車のベンツがあれば沢山売れるのに・・・に似ていますね。


現状を踏まえ売上拡大する事を考えるのが、戦略です! 簡単なビジネスモデルは簡単に崩れてしまいますね。


専門コンサル会社 株式会社ソリューション&パートナーズ
14年01月06日 13時19分50秒
Posted by: sapconsuting

新年明けましておめでとうございます。

本日より通常営業させて頂きます。

派遣法の再改正などまだまだ激動の

人材ビジネス業界ですが皆様の

業績向上に奮闘して参ります。

本年も宜しくお願い申し上げます。

㈱ソリューションアンドパートナーズ

20140106-20140106sap.jpg
«Prev1Next»