労働派遣とは、原則法律上 テンポラリーなもの。

しかし事業経営上 派遣会社は継続したいのは当然

そこで違法や解釈等々の相違や派遣先の求めるメリットに

より長期使用が常態化

そこへ法改正や行政指導など。

業界全体が本来のテンポラリー化へ動いているような気もします。


しかし派遣会社は長期的に積み上げたい中で次の施策がやはり必要ですね。

アウトソーシングはその中の一つですね。

法改正ではその原則であるテンポラリー中のテンポラリーな日雇派遣の原則禁止は

いろんなところで歪が出ていますね。

解りやすく言えば、今度の衆院選対応の人材確保ですね!

弊社へも相談がありますが、やっぱり非現実的ですね。


専門コンサル会社 ㈱ソリューション アンド パートナーズ