2011年 9月の記事一覧

«Prev1Next»
11年09月30日 17時39分56秒
Posted by: sapconsuting
大和郡山の偽装請負訴訟:2社165万円支払い命令判決 /奈良


毎日新聞 9月30日(金)
 大和郡山市の化学工場で請負や派遣として約6年間働いた男性が「偽装請負などの不法行為で精神的苦痛を受けた」などとして、雇用主だった派遣元の2社に慰謝料など計500万円を求めた訴訟の判決が29日、奈良地裁であった。一谷好文裁判長は偽装請負を認定し、2社に計165万円の支払いを命じた。
 2社は、いずれも大阪市の派遣業者で「アドヴァンス」と「アドバンテック」。判決は、男性が勤務していた03年7月ごろ~09年3月のうち、派遣契約に切り替わる前の06年9月までを違法な偽装請負と判断した。
 原告代理人の兒玉修一弁護士は「偽装請負を不法行為と認定した判決はほとんどなく、評価できる」と話した。2社は「判決内容を見ていないのでコメントできない」としている。
【大久保昂】

9月30日朝刊

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

内容の詳細はわかりませんが、いずれにしても従業員(派遣社員)とのトラブルは大きな問題となりますね。

コンプライアンス、従業員の管理及びコミュニケーション 大事です!

間違っても、働かせてあげている!雇って上げている的な対応は雇用主のおごりだと思いますね。


専門コンサル会社
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
11年09月30日 10時45分43秒
Posted by: sapconsuting
年前に同じような規模だった派遣会社

派遣人数が約500名

2年たった今、1社は約倍の980名、もう1社はジリ貧の440名

地域の違いはあるものの、・・・

この差はどこから? 業界環境は同じです。

決して成長期の産業ではありません。

では・・・

最も大きな違いは行動したかしていないかでした。

どんなに素晴らしい事業プランでも行動しなければ

ただの紙。
ただのデータ。・・・

でも人の9割は、素晴らしいと思っても行動できません。

セミナーなどに参加し、やる気満々になって翌日出社とともに

現実に戻る方・・・見た事ありませんか?


専門コンサルティング会社
株式会社ソリューションアンドパートナーズ

中小企業の現状打破ツール 現状打破.com

11年09月27日 17時59分44秒
Posted by: sapconsuting
派遣女性ら39%賃金格差に不満 正社員への道なく


 パートや派遣社員として働く独身女性の39%が「同じ仕事の正社員と賃金に差がある」との不満を持っていることが27日、流通や繊維などの労働組合でつくる産業別労組「UIゼンセン同盟」のアンケートで分かった。

 「いくら働いても正社員になれない」とする人も25%いた。UIゼンセン同盟は「パートや派遣という雇用形態が抱える構造的問題。組合としてきちんと受けとめる必要がある」としている。

 それによると、仕事に不満を抱く理由として、複数回答で「やりがいや達成感を感じられない」が35%、「雇用が不安定」30%、「昇進の機会がない」が28%だった。

2011/09/27 16:51 【共同通信】


専門コンサル会社
株式会社ソリューション&パートナーズ http://www.sap-c.co.jp
11年09月27日 10時12分33秒
Posted by: sapconsuting
主婦パート 厚生年金加入試算 生涯給付増も…新たな負担

SankeiBiz 

厚生労働省は、パートなど非正規労働者が新たに厚生年金や健康保険に加入した場合の、給付と負担の変化に関する試算を社会保障審議会の特別部会に示した。厚生年金に1年間加入すると、給付は生涯で約17万3000円増加、加入期間に応じて給付額はさらに増えていくとしている。
 保険料負担については、単身者やシングルマザーが減る一方、主婦パートは負担増となるなど世帯の就業形態によって大きな差が出ると試算。健康保険への加入で傷病手当金や出産手当金が受給できるようになる利点はあるが、新たな負担に理解を得られるかどうかが非正規労働者への加入拡大の鍵になりそうだ。
 試算は月給10万円の46歳女性(1965年生まれ)を想定。サラリーマンの夫に扶養されている主婦パートの場合、厚生年金への加入で年間約9万7000円の保険料負担が発生する。
 さらに、健康保険で年約6万5000円を新たに負担することになる。
 一方で単身者や共働きの女性、自営業者の妻などは厚生年金に移れば、負担は労使折半となることから年金保険料は年約8万4000円減る。健康保険でも、割高な国民健康保険から移行するため単身世帯で年約8000円減、共働き女性は年約5000円減。ただ、自営業者の妻の健康保険料は年約1万1000円増える。
 非正規労働者の厚生年金と健康保険への加入要件は、労働時間が正社員の「4分の3(週30時間)以上」。厚労省は「週20時間以上」とする案を軸に見直しを検討中。


派遣会社やパートを多数抱える企業にとっては大きな影響を受けることになります。
ますます、日本の労働市場は経営側にとっては苦悩の市場となります。
更に今回の件は、労働者側も決して望んでいるとは思えませんが・・・

専門コンサルティング企業
株式会社ソリューション&パートナーズ http://wwww.sap-c.co.jp
11年09月22日 11時39分06秒
Posted by: sapconsuting
「海外移転=空洞化」と考えるのは誤りだ

東洋経済オンライン 9月22日(木) 転写

 日本ではほとんど毎日のように、どこかの企業が生産の海外移転を発表している。その結果、「将来日本には、空洞化した製造業と破綻に瀕した中小規模のサプライヤーしか残らないのではないか」という懸念が高まっている。

 日本において、外国への直接投資を先導しているのは、国内の不利な条件を回避する必要に迫られたトップ企業である。

 たとえばトヨタ自動車は、自動車の80%を海外で販売しているが、生産は国内と国外が半々なので、海外需要の4割は日本からの輸出で賄っていることになる。同社の豊田章男社長は、今の円高水準では「理屈上は(国内での)ものづくりは成り立たない」と述べている。これから数年は、現地生産がますます増え、輸出は減るだろう。トヨタは300万台の国内生産は維持しようとするだろうが、2008年の400万台からは減少するはずだ。

 海外移転が進む要因は、円高だけではない。東日本大震災をきっかけに、多くの企業が、電力供給と電気料金を不安視するようになった。日本の優良企業の取引先の多くが、「ジャスト・イン・タイム」よりも「ジャスト・イン・ケース」(万が一の場合)を重視するようになったのだ。ルネサスエレクトロニクス、HOYA、三井金属などの企業に対し、取引先は、生産の一部を日本以外の国に移転させることで地理的なリスクを分散させるべきだ、と主張してきた。

 また日本の輸出企業の一部は、日本と異なり、米国、EU、中国と自由貿易協定(FTA)を締結している国々へと生産を移転しなければならない、と考えている。ジェトロの調査によると、ASEAN(東南アジア諸国連合)諸国を起点に輸出している日本企業のうちの40%は、「FTAの利点を生かすこと」を、ASEANを起点とする理由の一つに挙げている。

 生産の一部を海外生産に移行している製造業者を見た場合、海外生産比率は、1990年の17%から97年には31%へと上昇している。その後は30~33%あたりで推移してきたが、今後この比率は大幅に上昇するだろう。

■海外への投資は国内にも好影響

 しかし、米国の例を見ればわかるように、生産の海外移転は必ずしも空洞化を招くわけではない。逆に、前向きなグローバル化が国内の経済成長を後押しする可能性もある。企業の海外での成長と国内での成長との間にプラスの相乗作用を生み出すこともできるのだ。

 たとえば米国では、異論はあるものの、海外直接投資が国内投資、研究開発、雇用にプラスの影響を与えたことが証明されている。企業は、国内からの輸出だけに頼っていた場合よりも、海外市場でのシェアを拡大できたからだ。

 また、海外直接投資は、コストの低下と競争力アップにも貢献する。米経済研究所が米国のメーカー数百社を対象に行った05年の調査では、80年代から90年代にかけて、「海外への資本投資が10%増えると国内投資が2.2%増え、海外の従業員に支払う給料が10%増えると国内の従業員に支払う給料が4.0%増え、海外への投資が増えると国内からの輸出と研究開発費が増えた」ことが明らかになっている。

 今日まで、日本の海外直接投資は自動車、機械、電機など一部の産業におけるトップ企業か、繊維やアパレルなどの斜陽産業に限られている。HSBCの試算によると、日本からの海外直接投資の累積額は、09年時点で名目GDPの約15%にすぎない。この率は、米国の29%、英国の78%、ドイツの40%と比べて極めて低い。

 加えて、欧米諸国では外国への直接投資と外国から受け入れる直接投資とがバランスを保っているのに対し、日本では、外国からの直接投資が非常に少ない。その理由の一つは、日産自動車のようなケースを除けば、外国企業による日本企業の買収が極めて難しいという点にある。

 ただし、今日の海外直接投資の増加は、単なる「空洞化」以上の効果をもたらす可能性を示している。これまで国内市場に依存してきた企業の売り上げが拡大する傾向が見えてきたのだ。

 資生堂を見てみると、海外での売り上げが占める比率は、10年前の10%から現在は40%へと急上昇しており、13年の目標を50%に設定している。マッキンゼーが発行した『Re-imagining Japan』(邦訳『日本の未来について話そう』)の中で、資生堂の前田新造会長は、日本企業は多様性に乏しく、現在の思考パターンを変える努力は、会社のトップから始めるべきだと訴えている。事実、資生堂は、経験豊富な外国人、カーステン・フィッシャー氏を国際事業担当の役員として迎えた。

 外国や外国人とのかかわりがもたらすものには、アイデアも含まれる。P&Gでは、イノベーションの50%以上は外国人との協働から生まれているという。資生堂は、10年に17億ドルをかけて化粧品大手のベアエッセンシャルを買収し、世界4位の化粧品会社となった。資生堂に限らず、多くの企業がこのように遅まきながらも変貌を遂げつつある。

────────────────────
Richard Katz
The Oriental Economist Report 編集長。ニューヨーク・タイムズ、フィナンシャル・タイムズ等にも寄稿する知日派ジャーナリスト。経済学修士(ニューヨーク大学)。当コラムへのご意見は英語でrbkatz@orientaleconomist.com まで。


中小企業の現状打破ツール 現状打破.com

11年09月20日 10時59分53秒
Posted by: sapconsuting
派遣労働者2年連続マイナス 「請負」「期間」活用にシフト


厚生労働省が発表した2010年度の労働者派遣事業報告書の集計結果(速報)に

よると、派遣労働者数は前年度比11.6%減の延べ約267万人となり、2年連続で

減少した。

製造業派遣や登録型派遣の原則禁止などの規制強化策を盛り込んだ労働者派遣法の改正

案が、国会で継続審議中。このため厚労省は「企業が派遣という雇用形態を敬遠し、

請負や直接雇用の期間労働者の活用にシフトしているのではないか」と、減少の理由を

分析している。

仕事がある時だけ雇用契約を結ぶ登録型派遣の労働者数は延べ約175万人で

15.1%減少。

派遣会社が正社員などとして雇用し、長期間働く常時雇用労働者は4.1%減

の約92万人だった。また10年6月1日時点で、製造業で働いていた派遣労働者数は前

年同期比9.4%減の約22万人。

企業のコスト削減などを背景に、派遣労働で働く人はこれまで増加を続け、08年度に

は延べ約400万人に拡大。しかし、リーマン・ショック後の派遣切りの影響を受け、0

9年度は延べ約302万人に減少していた。

                                   SankeiBiz

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これらの動向を確認し、派遣事業はその対策を取る事は必須です!

株式会社ソリューション&パートナーズ

中小派遣会社はこうやって生き残る
11年09月07日 13時44分27秒
Posted by: sapconsuting
製造、技術系を中心に大手派遣会社は採用活動に苦戦中です。

自動車産業の急激な増産を始め各社採用合戦状態ですね。

そして、過去にはなかった動き・・・「下請け」の活用です。

中小派遣会社が大手派遣会社に人材を紹介しています。

大手派遣先の新規口座を取れない中小と人材確保が厳しい

大手派遣会社の利害一致といったところでしょうか。

業界的に「下請け」という発想の少なかった業界ですが

まぎれもなく成熟した証拠と言えるでしょうね。

中小派遣会社でも、超大手企業との取引が普通だった派遣業界の大きな変化ですね。

今後は他の成熟した業界同様、大手は大手と、中小は中小との取引となり

中小が大手と取引するには特別な特徴、状況か、下請けが大半となっていきますね。

という事は、今、中小派遣会社が行わなければならない戦略は・・・

おのずと決まってきますね。


専門コンサルティング会社
株式会社ソリューション&パートナーズ
中小派遣派遣会社はこうやって生き残る


6300.jpg
11年09月05日 16時41分20秒
Posted by: sapconsuting
今・・・

大手に勝てない! 案件はあるが採用ができない!派遣を使う会社が減った

派遣料金が低下している! 利益率が減少! 派遣の風評が悪化!

取引先の競合に大手が参入した・・・! 取引先の抵触日が迫っている!

法改正が心配だ! 今の対応は違法だが、商売上やむを得ない・・・

新規先は大手や他社が参入しており契約の隙がない・・・将来不安。

これらの中小中堅派遣会社に共通する問題点を解決し

業績向上をお約束致します!


現在の採用法、現在の営業法、現在の顧客管理法!  時代は変わっています。

情報と手法を社員に伝えないのは、チャンスを自ら逃している事です。

社員様に武器を持って頂き、十二分に活躍頂く形を作るのが経営者様、

管理者様の重要な業務である事は言うまでもございません。
 
当社の商品は、社員様が戦って頂ける武器を提供する事です!
旧式の武器、錆びた武器では戦えません。

お問合せ先 info@sap-c.co.jp
TEL052-385-2884 FAX052-385-2920
株式会社ソリューション&パートナーズ
中小派遣会社はこうやって生き残る


620.gif
11年09月05日 13時10分32秒
Posted by: sapconsuting
小宮山新厚労大臣は派遣法をどうするのか?


今後の動きに注目ですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


労働者派遣法の改正に取り組みたい」 インタビュー&スペシャル
                           2011年9月5日 アドバンスニュース


 民主党と国民新党の連立による野田内閣が2日、発足した。厚生労働相には小宮山洋子副大臣が昇格し、政権交代後では長妻昭、細川律夫両氏に続いて3人目の大臣に就いた。

同日の就任会見で小宮山厚労相は「ずっと懸案のままの労働者派遣法の改正に取り組みたい」と、継続審議を繰り返している改正派遣法案を前進させる考えを示した。

発言は、与野党や労使の歩み寄りによる「修正合意」を念頭に置いた可能性を示唆しており、たなざらしのままになっていた改正法案をめぐる動きが活発化しそうだ。小宮山厚労相が力点を置く施策の方針や課題、それらを取り巻く政治情勢などを検証し、今後の改正派遣法案の展開を考察する。 (報道局)

“鎮火”していない「子ども手当」の提唱者
 小宮山厚労相は、省庁再編(2001年)で誕生した「厚生労働省」では初の女性大臣となる。自公政権時代から「分割論」が浮上するほどの巨大省庁で、歴代トップが行政範囲の広さと官僚の統率に苦労してきた。その点、小宮山厚労相は昨年9月の菅改造内閣で副大臣に任命され、「ねじれ国会」の状況下で約1年間にわたり各種課題の経緯や中身を体感していることから、新リーダーの政策手腕に注目が集まっている。

 小宮山厚労相は2日夜、首相官邸と厚労省内で相次いで会見し、厚労行政の責任者として気を引き締めてかじ取りに臨む意欲を披露した。この中で、昨年の通常国会から継続審議が続く改正労働者派遣法案について言及し、「改正に取り組みたい」と強調。会見はいずれも10分程度でほぼ同じ内容だったが、その限られた時間で力点のひとつに改正法案を挙げた意味は大きい。
 細川前厚労相は昨秋以降、成立に向けて「修正の用意がある」とのサインを自民、公明両党に送っていたが、一歩も前進しなかった。改正法案が「政策論争」から政局の中で「国対マター」(政治的かけ引きの材料)に舞台を移したことも、こう着化した要因のひとつだ。

 野田首相と民主党幹部は経済界との関係修復に躍起となっているのに加え、自民、公明との「3党合意」を重視した信頼関係の構築と、政策協議の土壌づくりを掲げているだけに、今後、改正法案に何らかの動きが出る可能性はある。
 一方で、与野党激突の火種としてまだ“鎮火”していない「子ども手当」の提唱者である小宮山厚労相の今後の発言などをめぐって紛糾も予想され、視界良好とはいかないのが実情だ。

被災者支援、社会保障と税、雇用対策の3点に力

 改正法案をめぐる政治情勢をさらに掘り下げる前に、まずは「労働者派遣法の改正」を施策の柱に挙げた小宮山厚労相の就任会見の発言要旨を整理しておく。…
副大臣の経験と課題継承の有効性を強調した小宮山厚労相は、①東日本大震災の被災者の生活と就労支援②社会保障と税の一体改革③雇用対策――の3点を主要施策とした。
 ①では、福島第1原子力発電所の事故に伴う対策として、住民と原発作業員の健康管理や食の安全確保にも全力を挙げる姿勢を示した。②では、6月に得た成案を基に具体的な整備を進める考えを強調するとともに、来年度以降の「子ども手当」の在り方を詰めていきたいとの思いを色濃くにじませた。

 ③では、成立した求職者支援制度の活用や新卒者の就労支援に引き続き力を注ぐとしたうえで、「労働者派遣法の改正に取り組みたい」と具体的な法案名を挙げた。成立に向けた明確な手法や段取りには触れていないが、与野党や労使が歩み寄って「修正合意」に向かえるような環境づくりに努力する意向をのぞかせた。   (つづく)


専門コンサルティング企業
株式会社ソリューション & パートナーズ
11年09月02日 13時24分29秒
Posted by: sapconsuting
主婦年金、年収130万円の免除基準下げも

 政府は、専業主婦らが国民年金保険料の支払いを免除される年収基準について、現行の「130万円未満」からの引き下げを検討する方針を決めた。
 厚生労働省が1日の社会保障審議会特別部会の初会合で、論点として示す。「週30時間未満」という労働時間の基準も、対象を減らす方向で見直す方針だ。パートなどで働く主婦の厚生年金への加入を増やして老後の保障を手厚くするのに加え、「専業主婦を優遇しすぎだ」という現行制度での不公平感を和らげる狙いがある。
 保険料が免除されている専業主婦らは「国民年金第3号被保険者」とされ、約1021万人いる。現行制度では、年収が130万円未満で労働時間が週30時間未満であることが要件になっている。「年収130万円未満」という基準は、夫の収入で所得税などの配偶者控除を利用できる「年収103万円以下」という基準とともに、主婦の働き方に影響を及ぼしている。


(読売新聞)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

少しでも国民、企業から回収したいのですね。

一般企業は無論影響出ますね。

パート社員などにも。

また沢山人材を雇用する派遣会社、特にパート派遣を売りにする

派遣会社も沢山ありますが、影響出ますね。

今のうちから対策が必要である事は言うまでもありません。

株式会社ソリューション アンド パートナーズ

中小派遣会社はこうやって生き残る


620.gif
«Prev1Next»