希望者全員の継続雇用へ――高年法改正へ研究会
厚生労働省は、高年齢者の雇用確保制度見直しに向け、学識経験者による検討を開始した。希望者全員の65歳までの雇用確保や年齢にかかわりなく働ける雇用環境の整備が主要な課題となる。具体的には、定年義務年齢の引上げ、実効性確保対策の強化、希望者全員を対象とする継続雇用制度の拡大、70歳まで働ける企業の普及などが議論の対象となる模様だ。検討結果次第では、高年齢者雇用促進法の改正につながる見通しである。
労働新聞より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こういうのって、年金政策の失敗を、民間に押し付けているような気がしませんか?

年金はでないから、企業は定年を延ばしなさいって。

そりゃ新卒も雇えなくなりますね!

株式会社ソリューション アンド パートナーズ
   http://www.sap-c.co.jp/