新着記事

恋愛運は、推命学や風水では、「桃花運」と呼び、文字通り桃の花色(ピンク)が恋愛の象徴です。 洋の東西を問わず、ピンクは愛情や優しさ、美しさや豊かさを象徴する色です。 ピンクの色彩は、ホルモンバランスを整えるので、婦人科系の病気を緩和させる効果もあります。 ...

大辞泉によると、相性とは、こうあります。 1.男女の生まれを暦の干支や九星などに当てて、相生・相剋を知り、二人の縁を定めること。   中国の五行思想から出た考え方。 2.互いの性格・調子などの合い方。 ほとんどの占いで観る相性とは、性格性相性のことです...

家の中心から見て、 鬼門は艮(うしとら・ゴン)つまり北東の方角、 裏鬼門は坤(ひつじさる・コン)つまり南西の方角を指します。 日本の家相では、最も重要視されるところですね。 鬼門や裏鬼門の玄関、浴室、トイレ、台所、欠けは、最も大凶とされています。 北東...

ドイツの哲学者、カントは、「手は、外部に現れた、もう一つの脳である。」と言いましたが、 私たちの手は、発生学からみると、親指は上半身と関連があり、小指や薬指は下半身と結びつきが深いものです。 全体は部分に表れ、部分は全体に波及するものですが、 手は身体の...

Health Day News(2006年9月27日)の記事によると、 手の薬指の長さが人差し指よりも長い女性は、運動能力に優れているという説が、 英ロンドン大学キングズ・カレッジ遺伝疫学教授、Tim Spector博士らの研究で示され、 スポーツ医学誌「British Journa...

自信とは、自分で、自分の能力や価値などを信じること。 自分の考えや行動が、正しいと信じて、疑わないこと。 自らを、信じることが、自信なのですよ。 だから、人との比較は要らないのですよ。 今できる、自分なりの精進をしているならば、自分を疑わずに続けててご...

日本では昔から「春の木の芽どきは、おかしくなる人が多い」と言われています。 実は、これは科学的にも事実なのですよ。 卒業や進学、入学や入社など、新しいことが始まっていくことに対する不安や、 降ったり止んだりの天候不順、菜種梅雨の鬱陶しさ、 陽気が高まるに...

「ものもらい」は、まぶたのふちや内側に黄色ブドウ球菌などの細菌が感染して起こるもので、 医学的には「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と呼びます。 まつ毛の根元にある脂腺が可能して、炎症を起こしたモノです。 やがては膿み、破れて治るモノですが、自然治癒を待つに...

花粉が多く飛ぶ日とは、晴れて気温が高い日や乾燥して風が強い日ですが、 雨の日の翌日で晴れた日は最悪日となります。 雨で地面に落ちていた花粉が一気に舞い上がり、二日分の花粉が飛散する怖ーい一日なのです。 花粉が多く飛ぶ時間については 1.日が上り、気温が...

方位の吉凶といえば、先ず、気学が定番になっていますね。 そもそも、「気学」という呼称は、大正14年、故園田真次郎(地角)氏によって命名された呼び名で、その内容は、干支九星学が主体であり、その根源は、易経に由来しています。 気学では、年々月々、方位の吉凶...

人気記事ランキング

  1. 2013年07月07日 今日は七夕(26365)
  2. 2007年04月02日 相性について(24170)
  3. 2012年07月23日 三隣亡とは(17781)
  4. 2007年04月15日 厄年とは(17048)
  5. 2013年07月25日 八朔について(16776)